ようやく雪が積もりました

昨日の時点では、雪が積もってもいませんでしたが、今朝になって少し雪が降ったかと思うと、あっという間に一面が雪景色へと変わりました。札幌の本格的な冬がようやく始まったように思いますが、ここからは東京の年間の最低気温よりも寒く、雪に覆われた状態がほとんどになるのですが、この程度でなければ冬とは呼べないでしょう。

思えば東京で生活していた頃の冬は本当に暖かく、コートを着る必要もほとんどなかったです。家の中が寒いと言われますが、暖房を少し入れればすぐに暖かくなりますし、部屋の中で暖かめに着込めばいいので不便はありません。そんな風に冬を過ごしてきたこともあって、北海道の冬こそやはり冬だと実感できるのです。

釜山で生活している頃は、気温は札幌並に下がることはあれど、雪が降り積もることはほとんどなかったので、どんなに寒くても雪が無いというのは生活する時に大きな違いをもたらすのです。さらに、冬でも海水浴場まで散歩をしたのですが、冬の海はなんだか暖かく感じました。

札幌を飛び出してソウル、東京、釜山と渡り住んでからまた札幌に戻って来て迎える二度目の冬、今年は新型コロナの影響もあり、雪が降っても家の中で黙々と過ごすことになりそうです。ちなみに吹雪さえ吹かなければ冬でも散歩する予定です。

札幌生活

Posted by asaph